性病のリスク

性病のリスクがあると言われている包茎。包茎で悩んでいる人もいるでしょうが包茎は病気ではありません。しかしどうしても不潔になりやすいので性病のリスクが通常の人よりもリスクが高いと言われています。包茎の部分を自分で常に清潔に保つようにしていればよいのですが、なかなか隅々まで手が届かない場合もあります。

湿っぽい状態が続いてしまうので、何らかの性病の菌が付着したままになってしまうと体内に侵入して性病にかかってしまいます。再発を繰り返してしまうケースもあります。包皮がかぶってしまっている部分は、乾いた状態に保つことが難しいですし性病にかからないようにするためには、やはり包皮を手術して開いてしまう必要があるのです。

今は性病のリスクを考えて手術を勧める医師もいますので、気にあるようでしたらそうした方法をとることを考えた方がいいのかもしれません。しかし手術ばかりが回避策とは言えません。リスクがあるような相手との性行為はしないことにする、そして愛情があるパートナーとの性行為の後は必ず患部を綺麗にしておくことが前提になります。万が一感染してしまった時にはすぐに病院へといき、完治するまで治療を受けるように心がけましょう。

コンプレックス

包茎の人はコンプレックスにどうしても思ってしまい、女性との関係に不安が出ていてしまいます。包皮が亀頭を覆ってしまうっているので、ペニスが子供のような感じに見えてしまいますし、そのせいで女性の前でペニスを出すことができない人やかくしてしまいたいといったことになってしまいます。

また、友達同士で温泉などに入る場合もつい気にしてしまうでしょう。このように、いろいろな場面で隠してしまいたいという気持ちが強くなるということは、自分に引け目を感じてしまうことになりコンプレックスが強くなってしまいます。

コンプレックスでも自分の中で何らかの解消法があれば克服できるものもありますが、包茎だけは手術など受けることをしなければその人のコンプレックスは一生そのまま持ち続けていかなければいけないのです。

この病は自身の肉体的なものなので逃げるわけにもいかなくなり、悩みがかなり深くなってしまう場合があります。ただこうして一生悩み続けて自信を無くしたままでいるのでしたら、やはり手術を受けて自信を取り戻した方が、その先の人生が全く変えることができます。人生でマイナスを抱えたままよりは思い切ってプラスにした方が絶対に良いことなのです。

包茎のよくある悩み

包茎で悩んでいる人、その悩みもそれぞれです。皮がかぶっている場合、その余っている皮を短くしてしまうことは可能なのか、包茎の手術には保険がつかえるのか。皮が余っている場合は、その余分な皮を切除することは可能ですが、伸びる前に戻すということはできません。手術の場合は医学的に病気だと認証されているものしか保険は適応されません。

保険が使えなければ実費になってしまい自己負担が多くなります。また、皮をかぶった状態が普段のものでも、勃起した時にそうでなくなる場合は仮性包茎と言いますのでこれは包茎とは言いません。

包茎になってしまうと、早漏の原因になってしまうそして不潔などと言ったことや、女性との関係が上手に保つことができないなど、様々な意見も言われていますが、手術で治すこともできますので深い悩みとして自身の中で悩むことはありません。年齢によっても個人差が大きくありますし、皮の張り具合も人によりけりです。

また、軽い状態の人もいますのでその状態によって対処方法が変わります。仮性包茎の場合は絶対手術が必要というわけではありませんので、医師の判断を仰いでみるのも悩み解消の方法になります。包茎の場合、セックスがうまくいかなくなるなどの状況にもなることがありますが、多くの場合は仮性包茎で悩みを抱えている人がほとんどです。

手術跡が残ってしまいばれてしまうのではないかと言う人もいますが、今現代の手術方法では、傷跡が目立たない包茎手術を行っていますので、安心してほしいものです。